SEO対策でアクセス増
SEO対策でアクセス増を研究しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックリンクに関する5つの重大な俗説
サーチエンジンの最適化キャンペーンに関して、わたしたちは皆、バックリンクの重要性を理解しています。
しかし残念なことに、誤った想定が何年もうわさされていたおかげで、いくつかの俗説が生み出されています。

事実は、一部のリンク方式が検索エンジンで「レッド・フラグ」(警告用語)と見なされるのです。
具体的な内容がわかれば、それを回避するための対策を立てることができます。


1.開設したばかりのWebサイトに対して、短期間で何千ものリンクが設定された場合。
新しく作成されたWebサイトに多数のバックリンクが張られている
- 検索エンジンはこうした状況を“極めて不自然”であると判断し、 “レッド・フラグ”と見なします。

短期間で多数のリンクを獲得するために、リンク・ファームなどの好ましくない手段を使っている可能性があると判断されてしまうのです。
これは、多くの人が信じている、健全なアーティクル・マーケティング戦術とは正反対です。
つまり、できるかぎり毎日、アーティクルを発行する方法です。
取りかかる最もよい方法は、多くても、1週間に2回程度記事を発行することです。

検索エンジンのレーダーに引っかからないように、バックリンクの増加を制御してください。
ただし、このレッド・フラグ(不正行為)は新しいWebサイトにのみ適用されます。
数年前から存在する古いWebサイトであれば、多数のリンクが張られていても不思議ではありません。



2.相互リンクは問題ありませんが、あまりに多すぎるとWebサイトにペナルティが課せられます。
検索エンジンは、自分のサイトへのリンクのほとんどが自分がリンクしているWebページからのリンクになっている場合、ページランクを低くします。
検索エンジン・スパイダーは巡回パスを嫌います。 また、相互リンクも乱用されがちです。
良質なコンテンツが認められ、本当に必要とされてバックリンクが設定されるのではなく、
単に相互リンクするためにだけWebマスターどうしが結託するケースがあります。
また、さらに悪質になると、1人のWebマスターが多数のWebサイトを作成して、自分でリンクを設定するケースもあります。



3.リンク・ページに記載されているリンクは、コンテンツ本文に挿入されている関連リンクより評価が低い。
異なる種類のリンクが掲載されているページには、バックリンクを配置しないでください。
目指すべき最もよいことは、コンテンツ自体でリンクを設定し、関連キーワードにハイパーリンクすることです。



4.ページランクが同様に高い複数のWebサイトで管理されているリンクは、危険です。
ほとんどのWebマスターは、ページランク5以上のWebサイトにリンクを表示させようと躍起になっています。
しかし、それらすべてのリンクが高ランクのWebサイト・グループから張られている場合、検索エンジンは、
単に料金を支払ってそれらのリンクを手に入れたと判断します。
ページランクがそれぞれ異なる、さまざまなWebサイトからリンクが張られるようにしてください。



5.同様に、記述が同じであるリンクも検索エンジンから嫌われます。 やはり、多様化を目指してください。
リンクをそのままにする場合は、すくなくともそれらの説明は変更してください。
これによって、リンクを設定する場所のWebマスターが、そのページにリンクを表示することを選択したWebマスターであると検索エンジンが判断するようになります。

検索エンジン最適化(SEO)について書かれている内容が、これまで聞いていたことと正反対の場合があります。
これは、ウワサがウワサをよび、事実がしだいにゆがめられてしまうためです。
読んだ内容は経験がもとになっており、ノウハウを身をもって習得したWebマスターによって共有されています。


では、これらのルールは本当に確実なのでしょうか。

つまりこういうことです。 絶対に確実なSEO手法は存在しません。
どのSEO手法も、数ヶ月の実験をもとにした仮説(憶測)にすぎないのです。

私たちが見聞きするルールは推論の結果です。

検索エンジンの実際の仕組みやアルゴリズムを知っているのは、その検索エンジンの関係者だけです。

そう、SEO手法はすべて推測にすぎません。

あとは、「最も理にかなった手法はどれか」ということです。





===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
スポンサーサイト
SEO対策の基本(キーワードの使い方)
キーワードが決まったらタイトルはキーワードだけで作るようにするべきです。
特に一番重要なキーワードは、一番最初に出しましょう。

タグ直下にキーワードを多く使った文章を入れることも重要です。
できれば、不自然でない程度にキーワードが何度か出てくる文章を作ってみてください。

次に、タグで囲んだ、ブログのタイトルを
大きく、できれば赤系の文字を使って掲載しましょう。

タイトルの下には、キーワードを3つ選択したとしたら、
各キーワードが2つずつ入った文章を3つ作りましょう。
この時も不自然でない文章にすることが大事です。

子猫のブログ「ブログでアフィリエイト!初心者必見」
http://super777rich.blog29.fc2.com/
を参考にしていただきたいのですが、
子猫の場合は、少し不自然な文章になってますので皆さんは良く考えてくださいね。

ブログでのアフィリエイト初心者の方は、
からまでのヘッダータグや、などの強調タグで、
キーワードを囲んで、なるべく文章のはじめにキーワードが出てくるようにしましょう。というより、新しい記事のタイトルはキーワードから始め、
段落もキーワードから始めるようにしましょう。

ブログのタイトルで使ったタグは、
1回だけしか使ってはいけないことも覚えておいてくださいね。

キーワードを文章の中になるべく多く含むことも大事ですが、
5%程度が良いとされています。
子猫のブログ、「ブログでアフィリエイト!初心者必見」では、
キーワードを10%ぐらい使っていますので、明らかに使いすぎですね。

タグの重要性は以前より薄れていますが、
やはり、やるべきことはやっておくべきです。


これは、検索ロボットに御自分のブログを検索する許可を出すタグです。


このメタタグは重要です。
検索サイトの検索結果のブログの説明にこの部分が使われます。
検索エンジンで、あなたのブログを読むかどうか
見た方が決めるポイントになる文章ですので、
SEO対策的文章でなく、人に訴えかけるような文章にするということが大事です。


このメタタグは、あまり意味がないとされていますが、
重要度が高い順に、3つ程度入れておくのが良いと思います。

次に考えなくてはいけないのは、検索エンジンへの登録です。
ブログを作っただけでは、誰もみてくれません。
検索エンジンにキーワードを使って御自分のブログ登録して、
みんなに知ってもらうことが必要です。

お薦めできるのは、
「ホームページ売り上げドットコムのリンクスタッフ」です。
http://www.muryoutouroku.com/freetool/sesubmit.php
ここでは、無料で数百の検索エンジンにブログを登録してくれます。


******************************************************
ブログでアフィリエイト!初心者必見
http://super777rich.blog29.fc2.com/

original article
http://super777rich.blog29.fc2.com/blog-entry-197.html
******************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
文章の自動作成と最先端技術
SEOの本質を間違って解釈するとビジネスにおいて大きな失敗を犯しかねない。

SEOとは、「検索エンジン最適化」という意味ですが
検索エンジン最適化とは機械に最適化するという間違った解釈をしている人が非常に多いように思えます。

検索エンジン最適化の本質とは、検索エンジンが本来求めている情報を提供するという事に他ならない。
つまり、キーワード検索する人に対して良質で価値ある情報リソースを提供する事が最優先されるという事です。


昨今では、SEOやグーグルアドセンスの支援策として様々なツールがリリースされているようです。
それは、とても喜ばしい事であると思いますが本質を忘れてはいけないと思います。

機械に作業させるべき事と人間が手をかけるべき事の役割分担を間違ってはいけないという事です。


ウェブページを大量に作成するツールや機械的に文章を増加させるツールなど、今やSEOの常套手段として持てはやされているようです。

しかし

機械的に自動作成、自動増幅させた文章がSEO的に有効に働くのは、せいぜいあと1年くらいであると私は考えます。

最先端技術を甘く見てはいけないという事実を証明します。
東芝の2006年最新技術情報をご覧下さい。
http://www.toshiba.co.jp/rdc/rd/detail_j/0601_01.htm


以下最も重要な点を上記URLから引用します。

-------------------------------------------------------------------------------------
当センターでは,以前よりオントロジーの整理に取り組んでおり,
現在,約10万概念を有する日本語オントロジーと,日本語を含むオントロジーを高速に検索し,
操作するためのライブラリの開発を進めています。

中略~

ユビdeコミミハサンダーとは,携帯電話のカメラで商品のバーコードをスキャンすると,
インターネットから商品のメタデータを取得し,関連するブログ*1を収集し,
その商品の口コミ情報をリアルタイムでユーザに提示するものです。
例えば,ユーザがある本のバーコードをピッとスキャンすると,JANまたはISBNのバーコードから,
本のタイトルや出版社,著者といった情報を取得し,関連するブログを収集します。

次に,オントロジーを参照しながらブログの中身を解析し,ユーザの評判情報を提示します。(ポジティブ・ネガティブ判定機能)
同時に,他の関連商品で話題となっているものを提示します。(ホットトピック抽出機能)
そして,最後に有用と思われるブログをいくつか表示します。(ソート&フィルタリング機能)

-------------------------------------------------------------------------------------


上記の技術をかいつまんで説明するとオントロジー(以下アーティクル参照)によって情報提供技術が飛躍的に向上する事を示唆しています。
http://www.viralarticle.com/article575.html


例えば、ある商品についてのクチコミ情報を調べようとした時に
その商品名からメタデーターを抽出しウェブページ、ブログなどから良質なクチコミ情報を抽出していきます。
ブログの記事、トラックバックやコメントの相関関係その他情報からポジティブ・ネガティブ判定機能などを実現させています。



これらの技術が本格的に導入されるのは時間の問題だと思います。


つまり、

人が人の為に提供した情報こそが真の価値ある良質なソースであり


機械の為に最適化した一時的な策略が全くと言っていいほど意味を成さなくなる日は


決して遠くは無いという事です。



英語圏にも、使い方を間違うと非常に危険でグレーなツールが沢山存在します。

複数の他の人が書いたブログに対してコメントやトラックバックを自動的に発動するツール
シュリンカーと呼ばれる文章改ざん自動増幅ツール
スパム判定ギリギリの網の目を掻い潜るようなバックリンク(被リンク)ジェネレーターなどなど

これらのツール全てがグレーで使い物にならない分けではありません。

しかし、その多くはインタネットマーケターが売り逃げする事を前提に作られた
その場限りの商品が大半を占めるという事実も見逃してはいけないと私は考えます。


2006年2月の時点で全世界には静的ウェブページだけでも120億ページが存在すると推定されています。
次世代の情報検索に強く求めれれるのは、的確に良質な情報だけを抽出するという技術です。

文章量もウェブページ数も質より量が全てであると煽っているのは、
専門的知識を持った技術者では無く一部の限られたインターネットマーケターでは無いかと思います。


悪戯に増加させたウェブページや文章の多くがサーチエンジンインデックスから簡単に排除されるようになる事は間違いありません。





===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
サイトマップがオンラインビジネスをどのように向上させるか
検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:SEO)についてはさまざまな意見があります。
多くのWeb制作者たちは、実のところ、オンライン業界の“約束の地”へたどり着くための鍵はSEOにあると見ています。
何といっても、Webサイトのトラフィックの80%は検索エンジンからの誘導です。
80%というデータは、決して無視できない大きな数値です。
このパーセンテージを獲得すれば、それが何であろうと、あなたのオンラインビジネスがWebで成功する確率はかなり高くなります。


そして、その検索エンジンに“気に入られる”ための方法がSEO対策なのです。
SEO対策は実にさまざまです。 私たちのほとんどは、キーワード、キーワード密度、キーワード位置について知っています。
わたしたちの多くは、コンテンツを定期的に更新することの必要性、バックリンク(被リンク)の重要性、
リンクポピュラリティの本質を理解しています。


しかし、時代が変われば、検索エンジンの要件も変わります。
現在、最も新しい要件は何でしょうか。サイトマップです。



「サイトマップの概要とその役割」

サイトマップを理解するには、まずXMLを理解する必要があります。
XML(Extensible Markup Language)は、特定のコンテンツをさまざまな受け手に配信できるようにするためのプログラミング言語です。
RSSや、2年前からのブログブームを支えているのがこのXMLです。


サイトマップは、XMLで生成されたWebサイトのマップです。
Webサイトのすべてのページとそのサブページで構成され、可能であれば、各エントリの説明も含まれます。

これが複雑な問題だと思うようなら、Coffee CupやXsiteをはじめとする、今日のほとんどのHTML編集プログラムには、
サイトマップを自動的に作成するための機能が備わっていることを覚えておいてください。



サイトマップは、Webサイトでどのように役立つのでしょうか。 答えは2つあります。

1.訪問者がWebサイト内を閲覧する際の道しるべとなります。
探している情報がなかなか見つからない場合は、サイトマップを手がかりにして目的の情報を探してもらうことができます。


2.もっと重要な点があります。サイトマップを使って一度インデックスを設定しておけば、
世界で最も広く利用されている検索エンジンGoogleによって、Webサイトのすべてのページが巡回されます。
また、新しいコンテンツを公開するたびに、検索エンジン・スパイダーへ即座に通知することができます。



「複雑そうに見えて、 実はいたってシンプル」

サイトマップはXMLが基盤になっているので、そのコンテンツを最も重要な関係者、つまりGoogleに配信されます。
サイトマップがあれば、あなたのWebサイトを検索エンジンスパイダー(クローラー)が簡単に見つけることができます。
また、新しいコンテンツを公開したとき、それをすぐに検索エンジンへ通知できます。

実際、サイトマップは、検索エンジンスパイダー(クローラー)に課せられているジョブを実行します。
その分、検索エンジン側では負担が軽減されます。



「その結果は?」

インデックス処理が高速になり、ユーザーは、どのページおよびどのコンテンツを分類すべきかをより制御できるようになります。
事実上、サイトマップは、検索エンジンの結果で上位を獲得するためのより効率的なプロセスを提供します。



「サイトマップの作成」

前述したように、サイトマップはこの時代に絶対不可欠なものであるという事実を受け、
最近のほとんどのHTMLエディターにはサイトマップ生成機能が備わっています。

Googleは、Webサイトにサイトマップを含めることを奨励しており、
公式サイトマップ・ジェネレータを提供するサービスを行っています。このジェネレータは以下のリンクで入手できます。

https://www.google.com/webmasters/sitemaps/docs/ja/about.html

もちろん、オンラインで無料で配布されている、その他のサイトマップジェネレータを使用してもかまいません。
これらのジェネレータはコードのみを生成するので、インストールの必要はありません。
生成されたコードをコピーして、ソースコードに貼り付けてください。

Googleでは、これらの無償サイトマップジェネレータ用にディレクトリを用意しています。
よろしければ、以下のサービスも試してみてください。

http://code.google.com/sm_thirdparty.html





===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
リンク誘導 - 現在、インタネットで最も自然で効果的なリンク獲得手法
多くの人が、「バックリンクとは、実際的な努力をしてようやく獲得できるもの」という誤った考えを持っています。
他サイトのWebマスターを探し出し、頼み込んで、説得して、やっと手に入るものだと信じているのです。

リンクを獲得する方法はこれだけではありません。



その1つに「リンク誘導」があります。
良質なコンテンツを作成することによって他のWebマスターの注意を惹きつけ、自分のWebサイトにぜひとも追加したいと思わせる方法です。
あなたのコンテンツを気に入り、どうしても欲しいとなれば、リンクを設定する以外にありません。
あなたは、バックリンクをみごと獲得できるというわけです。


リンク誘導とは

リンク誘導は、その概念自体は難しいものではありませんが、実現するのは大変です。

考え方としては、以下の特長を備えたアーティクルをコンテンツ・ページに掲載するというものです。

1.非常に有益である
2.しっかりとして読みやすい文章で書かれている
3.興味深い内容である
4.アーティクル自体、およびアーティクルが伝えようとしている情報に独自性があり、Webの他の場所では見つけることができない


一般に言われているように、ある意味、リンク誘導は、他のWebマスターを抵当に取るような方法です。
あなたは、他のWebマスターが欲しがっているコンテンツを所有しています。
他のWebマスターたちがそのコンテンツを欲しがっていることを、あなたは十分に承知しています。
しかし、コンテンツは与えません。Webマスターがあなたのコンテンツを手に入れるには、
あなたのWebサイトへリンクするより方法がありません。



リンク誘導が有効な戦略である理由

最終的な目的は、オンライン・ビジネスに役立つ自動化システムを確立することです。
現在のように、手間ひまをかけ、リンク・パートナーを自分で探していたのでは、とてもこの目的を達成できません。
必要なのは、良質なリンクという「餌」です。この餌をまいておけば、数日後には多数のリンクを獲得することができます。

これがリンク誘導です。頼みは優良なコンテンツです。
あなたのコンテンツは常にあなたのWebサイトに存在するので、世界中の人々がいつでも閲覧できます。
そのコンテンツに興味のあるすべてのWebマスターが、あなたのコンテンツを選択することができるのです。



リンク誘導キャンペーンに関する重要な考慮点

リンク誘導は「魚釣り」とよく似ています。ただし、釣るのは魚ではなく、リンクです。
獲物は他サイトのWebマスター、ルアーはあなたのコンテンツです。


魚釣りの場合と同様、重要なのは最適なスポットを見つけることです。
したがって、検索エンジン最適化対策が必要になります。

他サイトのWebマスターにあなたのWebサイトを見つけてもらうには、やはり、検索エンジンを使用するのが一番です。
検索エンジンの結果ページで、あなたのWebページが上位に掲載されるようにする必要があります。

しかしこれは、「ページランクを上げるために良質のリンクを収集する」というリンク誘導の目的と矛盾しないのでしょうか。

「イエス」でもあり、「ノー」でもあります。

リンク誘導は、PRの向上のみを目的とした戦略ではありません。高いPRを維持するための戦略でもあります。
高いPRは、SEO対策および堅実なリンク獲得対策を通じて実現できます。しかし、こうした対策を永遠にとり続けるわけにはいきません。
そこで、ページランク維持に必要なリンクを簡単に獲得できる、リンク誘導が重要になってきます。

既に、さまざまな種類のコンテンツがリンク誘導で利用されています。



報道価値があり、他のWebサイトが伝えていない画期的な情報
普及を目的としたユーモラスなコンテンツ
常に需要のある「ハウツー」記事
既存のパラダイムを攻撃し、斬新な意見を提示しているコンテンツ








===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。