SEO対策でアクセス増
SEO対策でアクセス増を研究しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン・ビジネスにとってのバックリンクの重要性
どのようなオンライン・ビジネス・モデルを運営していようと、まず必要なのはトラフィックです。
そして、トラフィックの多くは検索エンジンから誘導されます。
検索エンジンからのトラフィック誘導を最大限利用するには、バックリンク(被リンク)が必要です。
とにかくたくさんのバックリンクを獲得しなければなりません。



さまざまなリンク手法

検索エンジン最適化(SEO)対策にあまり慣れていない初心者は、
リンク手法の話しになると、とまどってしまうことが多いようです。
そこで、最も有効なリンクを獲得する方法を説明する前に、リンク対策の種類についてひととおり説明しておきましょう。



1. 一方向リンク

最も有効な種類のリンクと見なされています。
一方向リンクは、あなたのサイトに他のサイトがリンクしている状態です。
自サイトから相手サイトへリンクバックする義務はありません。


2. 相互リンク

他のWebサイトからのリンクを獲得する代わりに、
相手サイトへのリンクを自サイトのページに表示することを相互リンクといいます。
一般に、「検索エンジンは相互リンクを好まない」と考えられていますが、後で説明するように、これは真実ではありません。


3. 三角リンク

相互リンクにペナルティが課せられるのを懸念し、多くのWebマスターは三角リンクを利用しています。
つまり、サイトAがサイトBへリンクし、サイトBがサイトCへリンクし、サイトCがサイトAへリンクする方法です。


4. マルチリンク

三角リンクと同じですが、多数のWebサイト間でリンクを設定します。



できる限り、一方向リンクの獲得を目指してください。リンクの中でも、一方向リンクが最も高く評価されます。




一方向リンクを獲得する方法

従来は、他のWebマスターに依頼して、自サイトへのリンクを表示してもらう方法が取られていました。
しかし、その後インタネットは進化し、現在では「もちつもたれつ」の世界になっています。
他のWebサイトにリンクを表示してもらいながら、相手サイトのWebマスターに相応の見返りを与えないわけにはいきません。

しかし、一方向リンクの獲得という意味では、次のような戦略が効果的であるとされています。


堅実なコンテンツ。Webマスターは常に良質な情報を求めています。
独自性の高い情報があれば、当然、その情報にリンクしたいと考えるでしょう。
情報を伝えるのはコンテンツです。独自性の高い情報を、説得力のある明確な方法で提示できれば、
多くのWebマスターからのリンクを容易に獲得できます。


「アーティクル・マーケティング」

さらにWebマスターは、鮮度の高いコンテンツを常に探し求めています。
Web上の多数のアーティクル・ディレクトリから必要なコンテンツを入手する場合も少なくありません。
これらのアーティクルを複製するときは、挿入されているリソース・ボックスをそのまま使用することが条件となります。
したがって、あなたのアーティクルを利用したすべてのページに、あなたのWebサイトへのリンクが表示されることになります。



「アフィリエイト・プログラム」

デジタル製品を販売する場合は、製品販売ページに誘導するアフィリエイトリンクを追加するアフィリエイトプログラムを利用出来ます。
これらのリンクにはあなたのWebサイトのドメイン名が表示されるので、自サイトへのバックリンク(被リンク)が自然増殖する事になります。



「バックリンク獲得が必要な理由」

Webサイトのトラフィックの80%は検索エンジンからの誘導です。
したがって、検索エンジンの結果ページで、自サイトが上位に掲載されるほど訪問者の数が増えます。

検索エンジンスパイダー(クローラー)は、Webサイトをインデックス登録するための小型ロボットです。
このスパイダーでいかに高く評価されるかをめぐり、Webマスターたちは日々しのぎを削っています。
自サイトを検索エンジンに登録するためには、まず、スパイダーにWebサイトを見つけてもらわなければなりません。

スパイダーは、設定されたバックリンク(被リンク)をたどってあなたのWebサイトを見つけ出します。






===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
KEY造というキーワードアドバイスツールを知っていますか?
アフィリエイター必見のキーワードアドバイスツール!KEY造をご紹介します。
KEY造とはアフィリエイトをする上で重要な、キーワードを選定するための優れたツールです。
KEY造以下の機能のキーワードアドバイスツールでも有料で提供されていますが、
なんと!KEY造は無料会員登録さえすれば、無料で使えるのです!

KEY造でできること
① キーワードアドバイスツール
  調べたいキーワードを入力するだけで、関連キーワードを需要の高い順に全てリストアップします。
  Yahoo!、Google、MSNの登録件数を同時に表示しますので、
  上位表示しやすいキーワードを知ることができます。
  キーワードごとにオーバーチュア、アドワーズの広告掲載数を表示します。
  表示されたキーワードの入札価格を手間なく簡単にチェックすることができます。

② キーワード自動生成ツール
  キーワードを入力してボタンを押すだけで、オーバーチュア、アドワーズ広告などに使える、
  検索需要のあるキーワードを~何万単位で自動生成します。
  生成されたキーワードをコピーしてはりつけるだけで利用できます。
  (入力キーワードによって生成数は異なります)
  生成したキーワードを「月間検索数」「キーワード」と言う形で
  CSV形式にて保存することも可能です。

③ SEO対策検証ツール
  ライバルサイト、自分のサイトのキーワード出現頻度を簡単に調査できます。
  検証するサイトのソースを一発表示させるので、上位表示対策検証が容易になります。
  上位表示効果の高いタグだけを抜粋することもできますので、
  上位表示対策のためのタグ構成を簡単に調べることができます。
  Yahoo!とGoogleとMSNの検索順位を調べることができます。(500位まで自動検索)

これ以外にも優れた機能満載です。
これだけのものが無料で使えるのです!
さらに、ご紹介させていただいた機能以外に便利な機能をどんどん追加!
KEY造の無料会員登録をご希望の方、KEY造パーフェクトマニュアルを
GETしたい方、さらなる詳しい情報を知りたい方は、
KEY造マニア KEY造活用でアフィリエイトで稼ぐ!
http://keyzoukeyzou.blog80.fc2.com/
まで、どうぞ!



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
サーチエンジンフレンドリーなウェブページの作り方
アクセスアップの基本は人が読みやすいウェブページの作成を
心がける事です。

SEO=機械対策ではありません。

グーグルをはじめとするロボット型検索エンジンのアルゴリズムは
ウェブページを構成しているHTMLタグを解析して、そのウェブページに
どんな情報が含まれているのかをデータベースにインデックスしていきます

HTMLとは、Webページを記述するためのマークアップ言語です。
分かりやすく言うとあなたがいつもネットサーフィンする時に使用するソフト
インターネットエクスプローラーなどのウェブブラウザで表示出来るように
記述する為の言語です。

現在では、HTMLタグを一から学習しなくてもホームページビルダーや
ドリームウィーバーといったウェブオーサリングソフトを使えば
ワープロ感覚で見栄えの良いウェブページを簡単に作る事が出来ます。

HTMLには、ウェブページを構成する視覚的な表現を記述する為のタグが
いくつも装備されています。

そのページがどんなウェブページであるかを明確にする為のタイトルタグ
文章の見出しを書く時に用いるタグ、重要な単語を表現する為のボールドタグ
大事な所は目立つ色や大きめの文字で記述出来るようにフォントというタグ
があります。

その他、ウェブページとウェブページを繋ぐ役割を果たすアンカータグなど


グーグルをはじめとする検索エンジンアルゴリズムは、これらのHTMLタグ
や文脈を解析しキーワード検索された時に良質な検索結果を提供出来るように
全てのウェブページを評価するように作れれています。


今回は、サーチエンジンフレンドリーなウェブページ作成のファーストステップ
としてキーワードの正しい使い方についてお話していきます。


あなたがまずやるべき事はキーワードの選定です。
情報を探しているヴィジターがキーワード検索した時に、あなたの
ページが検索結果として1ページ目に表示されるようになる事が目標です。

キーワード調査ツールを使って、あなたが情報発信するテーマから
連想される様々なキーワードを打ち込んで調査を開始して下さい。
月間どれくらいの検索数があるのか?何ページがインデックスされているか?


キーワードが決定したらウェブページの適切な場所に、そのキーワードを
含めた形でウェブページを作成します。


1:タイトルタグ
ウェブページのタイトルを記述する為のタグです。ウェブブラウザで表示
した時に一番上の青いバーの所に表示されるページ名の部分です。
このページ名に「キーワード」を使った形でタイトル名を作成して下さい


例:決定したキーワードが「集客」だとします。

タイトル「ネット集客術キックスタート3ステップ」こんな具合です。


2:見出し
ウェブページの見出し部分にキーワードを含めて下さい

例:集客術キックスタートStep1

h1タグは一番多きな見出し1を記述するものです。体裁が整わない場合は
h2,h3タグを使って少し小さめな見出しにして全体のバランスを整えて下さい



3:リンク
あなたのページから別ドメインの外部のページにリンクしている事を
アウトバウンドリンクと言います。

アウトバウンドリンクの中にキーワードが含まれていると
「キーワード」についての情報発信ハブとして検索エンジンから評価されます
つまりヴィジターが求めている有益な情報が含まれている可能性が高いという
ふうに検索エンジンから見られる事になります。

例:集客ノウハウ総合情報サイトはこちら


このように、タイトル、見出し、リンクの部分に「キーワード」を含める事で
他のウェブページよりもあなたのページを重要評価される確立が格段に高くなります。



===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
SEOで大事なキーワードは何か?
今日は、フフフ! 兵法家けんの稼ぎ頭のブログをお見せしまする!
冗談ナリ。遊びブログです(泣)

その名も ウーパールーパー癒し系 
リンクは貼りませぬ!(爆) 検索してくだされ!(笑)

今日はおそらく、皆様が知りたいものをお見せします。
太っ腹!
アクセス解析データ1ヶ月分!もってけドロボー!(爆)
これ、のせていいの?(笑)
こんなん見せるバカはいるの?
まあ、しょせん本気ブログではないので(爆)サービスなり!(泣)

http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/hyakukin/images/upa.gif


アクセス解析データ

最新一ヶ月間のデータです。

あ、ちなみに、最近、はやりの インスタント何とかしゃん ではありませぬ(泣)
製作時間多分15分?(笑)
ほったらかし! くどいですが、インスタント何とかしゃん ではありませぬ(爆)
常連様はご存知の、前回のウーパールーパーSEO合戦の時に作った遊び用!(笑)

一ヶ月のアクセス277
1日平均 9件ですね。すべて検索エンジンから。

何を見て欲しいのか?

検索キーワード ですね!
(ヤフー検索)ウーパールーパー 販売        43
(グーグル検索)ウーパールーパー 販売      11
(ヤフー検索)ウーパールーパー ブラック 販売   2
(ヤフー検索)ウーパールーパー 通販         8
(グーグル検索)ウーパールーパー 通販       2
(ヤフー検索)  ウーパールーパー販売        6
(グーグル検索)ウーパールーパー販売        4

以下省略

少なくとも、上記キーワードで検索してきた方は、わかりますよね?
何をしたいのか?
わかりますよね?
何を調べてるのか?



そうですね!買う気満々の方ですね!(笑)


という事は、上記のキーワードでSEO対策するといいということですね!



終わり!

この記事の原文は


http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/hyakukin/2006/05/post_af11.html

===========================================
運営サイト:孫子のアフィリエイト
URL:http://ken0303ken.blog.ocn.ne.jp/hyakukin/
兵法家けん
===========================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
Webサイトに必要なバックリンク数の判断方法
リンク獲得が検索エンジン最適化(SEO)キャンペーンの核心部分である - あるいは、核心部分であろう - ことは公の事実です。
現に、SEO対策の1つであるオフページSEOは、自分のWebサイトへのバックリンク(被リンク)をできる限り増やす方法に焦点をあてています。

確かに、検索エンジンでの評価はリンクがすべてです。
自分のURLへリンクしているWebサイトが多いほど、検索エンジンの結果ページで上位に掲載される確率が高くなります。

リンク獲得は、決して終わることのない永遠の戦いです。
Webマスターは、Webサイトへのバックリンク数を増やす努力をやめるわけにはいきません。
バックリンク獲得は、ページランクを上げ、検索エンジンの結果ページで上位に掲載されるための必須条件です。
さらに、現在のページランクを維持し、Webサイトの優位性を保つためにも、バックリンク数を増やす必要があります。

そこで、誰もが疑問に思うのは、「Webサイトに必要なリンク数は具体的にいくつなのか」という点ではないでしょうか。

残念ながら、単純に「いくつ」と答えることはできません。



「リンクの質はすべて同じではない」

他のWebマスターから獲得できるリンクにはいくつかの種類があります。
それぞれ性質も異なれば、検索エンジンによる評価も異なります。
必要なリンク数を判断するには、まず、どのようなリンクが良質で、どのようなリンクがそうでないのかを把握していなければなりません。



リンクには以下の種類があります。

1.URL自体がWebページに記載されているプレーンリンク
これらのリンクは、あなたのWebサイトのページランク向上に貢献します。
URLに対象キーワードが含まれていれば、さらに効果的です。


2.自分のWebサイトの正式名に設定されているリンク。
自分のWebサイトのタイトルにキーワードが含まれている場合は、この種のリンクもページランクの向上に役立ちます。


3.関連キーワードに設定されているリンク
最も望ましいリンクです。ページランク向上に最も役立つのがこの種のリンクです。


4.文脈依存リンク(コンテンツの本文に設定されているその他のリンク)
一般に、従来型リンクより影響力があると見なされています。


5.ディレクトリ内のリンク
ディレクトリ・ページやリンクページのように、その他さまざまなリンクと一緒に記載されているリンクです。
これらのリンクにも影響力はあります。ただし、その度合は、ページあたりの実際のリンク数
(ページ内のリンク数が多いほど、リンクの価値が低くなります)
および自分のWebサイトへのリンクと同一ページ内のその他のリンクとの関連性によって異なります。





「まずは、最も価値のあるリンクを獲得する」


言うまでもなく、キャンペーンの一番の目的は、対象キーワードに設定されたリンクを獲得することです。
この種のリンクは最も高く評価されるので、検索エンジンの結果ページで、確実に上位に掲載されるようになります。

もちろん、口で言うほど簡単ではありません。

しかし、目指す場所が分かっていれば、より効率的かつ効果的にキャンペーンを進めることができます。忘れないでください。
リンクの質はすべて同じではありません。何よりまず、良質なリンクを獲得することを心がけてください。




「そして、実際に必要なリンク数は?」


一概には言えません。すべては、競争相手が獲得しているリンク数しだいです。

ただし、以下の規則に基づく2つの方法で、必要なリンク数の目安を判断することができます。


1.対象としている各キーワードについて、上位10件のWebサイトを確認します。
それぞれのバックリンク(被リンク)数を比較したとき、上位10件のWebサイトの半分以上に勝っている必要があります。


2.対象としている各キーワードについて、上位3件のWebサイトを確認します。
これらのWebサイトより、少なくとも40%増のバックリンク(被リンク)を獲得している必要があります。

競合Webサイトのバックリンク(被リンク)数は簡単に確認できます。
http://www.linkpopularity.com/などの無料ツールで、競合相手のURLを実行するだけです。

上記2つの回答のいずれかを達成すれば、検索エンジン・ゲームで優位に立つことができます。






===================================
Global Swing
http://globalswing.biz/

マーケティングツールアドバイザー
JunSuzuki
http://junsuzuki.com/
===================================



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。